茎工房ホームへ
商品紹介
クッキー
ギフトセット

オンラインショッピング

リンク

バックナンバー
茎の根っこ便り
世界の食・スイーツ事情
材料へのこだわり
茎工房のある風景

メール
 

ナチュラルクッキー 茎工房

茎工房へようこそ♪

アトピーの方でも食べられるクッキーが好評です。
多くの病院の売店でも販売中!!

ただいま、取扱い店を募集しています。
詳細は info@kukikobo.co.jp

◆ ◆ ◆

お知らせ 2017年2月3日
世界の食・スイーツ事情を更新しました。
2017年1月16日
茎工房クッキーの特徴…を掲載しました。



茎工房クッキーの特徴・・・

茎工房のクッキーは、添加物を一切使用せず、
丁寧にひとつひとつ手作りで焼きあげたものです。

体にやさしく、安全な材料の厳選をモットーとし、
国産小麦粉、有機野菜のかぼちゃ・人参等、
自然の甘味の粗製糖、有機パーム油等で作られています。

ナチュラルで、 ヘルシーな『茎工房・ナチュラルクッキー』は、
卵や乳製品を全く使用していないので、
アレルギーの方にも安心して召し上がっていただけます。

漂白剤、合成着色料、合成保存料、香料は一切使用しておりません。
賞味期間は4ヶ月です。

カボチャをカットしている写真
かぼちゃのカット中

世界の食・スイーツ事情



世界編

その2 中国の春節(旧正月)とは

龍が舞い踊る写真
龍が舞い踊る

春節とは日本でいう旧暦の正月。日本は明治維新後、政府が太陰暦を太陽暦に変えてから、元旦に正月を迎える様になった。中国をはじめ、台湾、韓国、北朝鮮、ベトナム、シンガポール、マレーシア、インドネシア、ブルネイ、モンゴルでは国の休日として春節を祝う。中国の最大のイベントである。因みに中国の冬休みは日本より長く、小中高は春節休みを絡めて約1か月、大学は学校によって違うが、1か月半から2か月の長期休暇。かつて、中国の春節と言えば、帰省して家族と年を越す以外の過ごし方は皆無だった。しかし、現在では故郷に帰らず旅行を楽しむ人が増加している。日本への旅行も年々過熱している。

餃子の写真
北方で食べられる餃子

伝統的には、春節に先立つ行事として、旧暦12月24日(23日)に大掃除をして籠の神を祭る。春節前日を徐夕と呼び、特別な食事を食べる。広大な中国では地方により正月料理も大きく異なる。北方では餃子。南方では一年が甘くなるようにとの願いを込めて糖蓮子やもち米の粉できた団子等を食す。また、お鍋と魚を食べる。お鍋は温かく豊かな生活のシンボル、魚は繁栄のシンボルなのです。そして、夜になると、町のあちこちで爆竹や花火が上がりだします。中国では古くから魔除けとして、年越しに爆竹を盛大に鳴らし、花火を楽しむ習慣があるようです。まさにこの時期、中国に旅行するのも楽しいかも。もし無理なら、中華街で春節の雰囲気を楽しむのも良いかもしれません。

「世界の食・スイーツ事情」バックナンバーページへ

 
茎の根っこ便り このコーナーではお客様からのお便りを紹介します。

「御客様の声 No.20」


京都 TAGO様より

やはり、アレルギーを持つ子の親は相当にお菓子で悩みます。
子供たちが一緒に遊んでいると、周りの子供は食べられるのに、食べられない。という場面がいつもいつもです。

必然的に和菓子のおやつばかりで、見てて可哀そうでなりません。
可哀そうなだけでなく、それを食べることでのリスクもあります。

御社のクッキーは本当に素敵な商品です。
アレルギーを持つ子供たちへのプレゼントの様に思えてなりません。
きっとたくさんの人が心待ちにしている商品だと信じてます。
これからも、どうぞ素敵な商品を世に送り続けて下さい。

2016年5月

コーヒーのイラスト


「茎の根っこ便り」バックナンバーページへ


このページはリンクフリーです。右のアイコンを使ってね→


茎工房
 (有)エムケイ・アンド・アソシエイツ
e-mail: info@kukikobo.co.jp

〒152-0013
住所:目黒区南3-12-19-101

TEL:03-5701-0420 FAX:03-5701-7123

有限会社アリア このサイトは有限会社アリアが制作しています