茎工房ホームへ
商品紹介
クッキー
ギフトセット

オンラインショッピング

リンク

バックナンバー
茎の根っこ便り
世界の食・スイーツ事情
材料へのこだわり
茎工房のある風景

メール
 

ナチュラルクッキー 茎工房

茎工房へようこそ♪

アトピーの方でも食べられるクッキーが好評です。
多くの病院の売店でも販売中!!

ただいま、取扱い店を募集しています。
詳細は info@kukikobo.co.jp

◆ ◆ ◆

お知らせ 2016年8月2日
グルテンフリー商品が注目を浴びています!を掲載しました。
世界の食・スイーツ事情 特別編を掲載しました。
2016年7月4日
茎工房は店売りに力を入れていますを掲載しました。
世界の食・スイーツ事情を更新しました。



グルテンフリー商品が注目を浴びています!

グルテンフリークッキー

夏休み直前の方も多いと思いますが、体調いかがでしょうか?

「グルテンフリー」について過去にも一度この欄でご説明したと思いますが、今、テニスの世界ランク一位のジョコビッチ選手が取り入れて有名になった食事法がまさにこのグルテンフリーなのです。

グルテンとは、小麦や大麦、ライ麦といった穀物に含まれるタンパク質のこと。実は、自分では気付いていないことも多いのですが、このグルテンのアレルギーを持っていて、小麦などの穀物を食べると、息切れやめまいといったさまざまな不調を起こす人が、意外にも多いのだそうです。

風鈴

ジョコビッチ選手は、まさにそのアレルギーの持ち主だったのです。そこで、パンやパスタなど、グルテンを含むあらゆる小麦製品を断って、健康を取り戻そうとしました。それが、グルテンフリー食事法というわけです。

そこで、グルテンフリーの目を見張る効果と、実践する上でのポイントなどを、その著書から抜粋してご紹介しましょう。「疲労感が抜けない」「いつも頭がボンヤリしている」という人は、ぜひ試してみてください。

ジョコビッチ選手は、グルテンフリーの食事法を14日間取り入れたところ、1週間たったあたりから、次のような効果があったそうです。
  • 身体が軽くなり、やる気が湧いてきた
  • 体重が減少した
  • 脳内の霧が晴れ、思考が明瞭になった
  • 長年悩まされていた鼻詰まりが消えた
という事で、来月は、MKのグルテンフリークッキーのご紹介を再度させていただきますね! 良い夏休みをお過ごしください!
世界の食・スイーツ事情



特別編

ブラジル オリンピックと食事情

フェイジョアーダ
フェイジョアーダ

いよいよ第31回夏季オリンピックがブラジルのリオデジャネイロで8月5〜8月21日まで開催される。南アメリカ大陸でオリンピックが開催されるのは初めてである。8月はブラジルでは冬季。平均気温摂氏22度前後の過ごしやすい気候の中で競技が行われる。
さてブラジルと言えば、すぐ思い浮かべるのが“サッカー大国とリオのカーニバル”。そして、ブラジルの国民的料理と言えば「フェイジョアーダ」だろう。塩漬けした牛肉や豚肉の骨の付いた部分、耳・すね肉などの部分を黒豆と煮込んだ料理。そんな国民食はいつ、どのように生まれたのだろうか。フェイジョアーダはもともとアフリカから連れてこられた奴隷の料理。主人の食べない豚の鼻、耳、尻尾、内臓や屑肉など廃物を活用して、黒人奴隷が家畜の餌だった黒インゲン豆と煮て食べたのが始まり。美味しそうに食べる奴隷を見て、主人も真似して食べ始め、結果的にブラジルの代表的料理になった様だ。美味しい料理に奴隷も主人も関係ないのかも。

シュハスコ
シュハスコ

また、家族との絆を大切にするブラジル人は、週末になると、友達や家族の家に集まって、食事とお酒を楽しみながら、一週間の出来事を和気あいあいと語り合う。そんな時、大活躍するのがシュハスコ(ブラジル風BBQ)だそうだ。串刺したお肉を、岩塩のみで簡単に味付けし、豪快に焼いたもの。そこに冷えたビールがあればそれはもう至福とか。オリンピック時に行く機会があったら、是非、本場のフェイジョアーダとシュハスコを食したいものだ。この2年急激な経済悪化から、一時オリンピック開催が危ぶまれた時もあり、また治安の悪化の心配も囁かれている。
次期開催国の日本と言えば、夏の猛暑を考えると心配だし、深刻な問題かも。“何故、8月なの?”と思うのは筆者だけではないはず。

「世界の食・スイーツ事情」バックナンバーページへ

 
茎の根っこ便り このコーナーではお客様からのお便りを紹介します。

「御客様の声 No.20」


京都 TAGO様より

やはり、アレルギーを持つ子の親は相当にお菓子で悩みます。
子供たちが一緒に遊んでいると、周りの子供は食べられるのに、食べられない。という場面がいつもいつもです。

必然的に和菓子のおやつばかりで、見てて可哀そうでなりません。
可哀そうなだけでなく、それを食べることでのリスクもあります。

御社のクッキーは本当に素敵な商品です。
アレルギーを持つ子供たちへのプレゼントの様に思えてなりません。
きっとたくさんの人が心待ちにしている商品だと信じてます。
これからも、どうぞ素敵な商品を世に送り続けて下さい。

2016年5月

コーヒーのイラスト


「茎の根っこ便り」バックナンバーページへ


このページはリンクフリーです。右のアイコンを使ってね→


茎工房
 (有)エムケイ・アンド・アソシエイツ
e-mail: info@kukikobo.co.jp

〒152-0013
住所:目黒区南3-12-19-101

TEL:03-5701-0420 FAX:03-5701-7123

有限会社アリア このサイトは有限会社アリアが制作しています