茎工房ホームへ
商品紹介
クッキー
ギフトセット

オンラインショッピング

リンク

バックナンバー
茎の根っこ便り
世界の食・スイーツ事情
材料へのこだわり
茎工房のある風景

メール
 

ナチュラルクッキー 茎工房

茎工房へようこそ♪

アトピーの方でも食べられるクッキーが好評です。
多くの病院の売店でも販売中!!

ただいま、取扱い店を募集しています。
詳細は info@kukikobo.co.jp

◆ ◆ ◆

お知らせ 2017年4月4日
新発売グルテンフリー(ココア味)!を掲載しました。
世界の食・スイーツ事情を更新しました。
2017年3月3日
グルテンフリーにココア味が登場!を掲載しました。
世界の食・スイーツ事情を更新しました。



新発売グルテンフリー(ココア味)!

ラベル

さて、開花宣言から1週間たちましたが、まだ桜はつぼみのままですね。
来週一気に暖かくなるとの事で、きっと例年より遅いお花見シーズンになるでしょうが、待ちこがれた分さぞかし美しい桜が見られる事でしょう!

さて、グルテンフリーのココア味が発売になりました。
グルテンフリーとは小麦粉を一切使わない食品の事ですが、弊社ではホワイトソルガムという第四の穀物(白高きび)を使用しています。国産のグルテンフリークッキーはあまり製造しているところがなく、茎工房のグルテンフリークッキーが美味しさ共にトップクラスかと自負しています。

プレーンだけの味よりお子様や女性をターゲットにしたココア味を試作し、有機ココアの配合を12%近くまであげ、しっかりとした苦みも感じられる味に仕上げました。

甘さ控えめで固めの食感なので、ひとつひとつは小さいですが、食べごたえのあるクッキーです。

最後になりますが、利益率を度外視した価格帯でご提供しておりましたが、数量も出るようになり、先発のプレーン味と同様に、価格改正させていただきますので、ご了承の程よろしくお願い致します。
世界の食・スイーツ事情



アルゼンチン編

その2 タンゴ・キャラメル・ワイン

ダンスのシルエット

アルゼンチンと言えば、“タンゴ”。 18世紀後半にイベリア半島で発祥した舞曲のリズム。19世紀後半南米にこのダンスパターンが輸出され、アルゼンチン・ブエノスアイレスまたはウルグアイ・モンテビデオでダンススポットのために考案された一ジャンルだ。またマラドーナ、現在活躍中のリオネル・メッシなど、ブラジルと肩を並べるサッカー大国でもある。

ドルチェ・デ・レチェの写真
ドルチェ・デ・レチェ

革命家のチェ―・ゲバラもアルゼンチン出身。
アルゼンチンで有名なスイーツと言えば、「ドルチェ・デ・レチェ」という生キャラメル。お土産の定番でもある。濃厚で、すごく甘く“バニラジャム”の名称で親しまれている。またドルチェ・デ・レチェをクッキーに挟みチョコ―レートでコーティングした「アルファフォル」も人気。南米人は甘いお菓子がお好きな様だ。
カジュアルに飲むワインと言えば、アルゼンチンワインであろう。500年以上前のスペインの入植に始まる。ヨーロッパの手法をベースに昔ながらのオーガニックな栽培方法でワインを栽培。高地の為、害虫の心配もなくほぼ無農薬で作ることができる。世界の様々なワインが製造会社を母体としているのに対し、アルゼンチンワインは家族経営の小さな集団による事が多く、ワイン造りの細やかな部分が先祖代々受け継がれている。豊かな日光と土壌のおかげで、個性豊かでコクがあり、ヨーロッパ産のワインより、ポリフェノール含量が高いワインが完成する。
ワイン片手にアルゼンチンタンゴ。ちょっと粋ですね。

「世界の食・スイーツ事情」バックナンバーページへ

 
茎の根っこ便り このコーナーではお客様からのお便りを紹介します。

「御客様の声 No.20」


京都 TAGO様より

やはり、アレルギーを持つ子の親は相当にお菓子で悩みます。
子供たちが一緒に遊んでいると、周りの子供は食べられるのに、食べられない。という場面がいつもいつもです。

必然的に和菓子のおやつばかりで、見てて可哀そうでなりません。
可哀そうなだけでなく、それを食べることでのリスクもあります。

御社のクッキーは本当に素敵な商品です。
アレルギーを持つ子供たちへのプレゼントの様に思えてなりません。
きっとたくさんの人が心待ちにしている商品だと信じてます。
これからも、どうぞ素敵な商品を世に送り続けて下さい。

2016年5月

コーヒーのイラスト


「茎の根っこ便り」バックナンバーページへ


このページはリンクフリーです。右のアイコンを使ってね→


茎工房
 (有)エムケイ・アンド・アソシエイツ
e-mail: info@kukikobo.co.jp

〒152-0013
住所:目黒区南3-12-19-101

TEL:03-5701-0420 FAX:03-5701-7123

有限会社アリア このサイトは有限会社アリアが制作しています